【アラサー女子 玄米生活への道】②玄米とは~白米と玄米の違い 「完全食 玄米」栄養素編~


ちょっと前(ずいぶん前?)から、玄米に興味を持ち始めました。

 

理由は、

★本当はお米が大好き!炭水化物大好き!!

★でも、太りたくない…(ビーチへの旅行やら、自身の結婚式やらが立て込み)

★一応何となく糖質制限中…でも、食べるのが好き!!!!

★アラサーだし、「食事制限」ではなく、「生活改善」で健康的に体型を変えたい!

 

という、ジレンマのもと。

「玄米なら、“身体に良い”から食べてもいいのでは」

「玄米なら、健康的に痩せられるのでは」

という、何となくのぼんやりした情報からでした。

 

では、

本当に玄米は身体に良いのか

玄米は体質改善に繋がるのか

玄米なら、たくさん食べてもいいのか

そもそも、玄米って何???

 

というところを、自分なりに調べてみたので、

何回かに分けて書いていこうと思います。

 

【前回までの記事】

【アラサー女子 玄米生活への道】①玄米とは~白米と玄米の違い 基礎編~


第二回の今回は、

玄米とは~白米と玄米の違い 「完全食 玄米」栄養素編~

です。

 

「で、玄米って何が身体に良いの?」という自分の疑問解消のため、

玄米に含まれる栄養素について調べてみました。

 

前回記事より、

玄米とは 「果皮」「胚芽」「ぬか」が残っている状態 のお米

のことです。

この、残っている部分に

摂った栄養素をしっかり「吸収」「代謝」するために必要な栄養素=副栄養素

がたくさん含まれている!のです。

 

●玄米に含まれる栄養素たち

「胚芽」…ビタミンB郡、ビタミンE、カルシウム、パンテトン酸、フィチン酸、葉酸、酵素などなど!

玄米の栄養素の多くが胚芽に含まれているそうです!

何で取っちゃうんだろう…この時点でもったいない気しかしない、単純な私。

 

「ぬか層(果皮・種皮含む)」…脂肪、タンパク質、セルロース(食物繊維→腸内でビタミンB郡に生合成!)、フィチン酸

私の拙い図です。笑

【玄米】→【白米】

カロリーはほぼ同じ!

含まれる栄養素は数倍~十数倍も違う!!そうです!!!

 

何だか色々栄養素を書いたけれど、

正直、私自身、「その栄養素、どんないいことがあるの?」状態ですw

次は、それをまとめます。



 

●玄米の栄養素にはこんな効果が!

  • ビタミンB郡

体調を整える

糖質や脂質をエネルギーに変える

不足すると、便秘や消化不良、肌荒れにつながります…

 

  • ミネラル(カルシウム、マグネシウム)

丈夫な歯や骨を作るもとになる!

血液をキレイにしてくれる

不足すると、骨粗鬆症や貧血、食欲不振に…

 

  • 食物繊維

便秘解消★

水分を吸収して膨張し、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる

 

  • GABA(天然アミノ酸の一種)

ストレス緩和

高血圧予防

肝臓の機能改善

整腸作用

 

  • フィチン酸(胚芽に含まれる)

解毒作用→ミネラルをとどめ、添加物などを派出

アルツハイマー型認知症予防

脳機能改善

高血圧予防

 

  • r-オリザノール(胚芽、ぬかに含まれるポリフェノールの一種)

血行を良くして、コレステロールを下げる

自律神経失調症の緩和

アンチエイジング効果!(抗酸化作用、メラニン生成抑制)

生活習慣病の予防、改善

 

  • フェルラ酸(ポリフェノールの一種)

r-オリザノール→体内でフェルラ酸に変わる

抗酸化作用!r-オリザノールと同じ、アンチエイジング効果、ですね

アルツハイマー型認知症予防

高血圧予防

 

これが全てではありませんが、

ちょっとまとめただけでも、

健康に役立つ栄養素がたっぷり!!!

 

とりあえず食べればいいんじゃないか、と思ってしまう…笑

 

玄米=主食&栄養たっぷりのおかずを一緒に食べる

と、同じようなもの!ってこと!

ちまたで流行りのスーパーフードみたいやな。

 

次回は、特に豊富なビタミンとミネラルについて、

もちょっと詳しく知りたくなったので、それについて書きます!

(ふんわり情報でいい人には、いらない情報なので飛ばしましょう笑)


*玄米を調べるうちに出会った、「食べやすく、消化にいい玄米」*

 

私は、この玄米に出会い、この玄米の考え方で玄米食を続けています!

日常にどう取り入れているかは、追って書いていきたいと思います。

 

*私が家で使っている玄米!柔らかくて食べやすく炊けます*

 

 

ブログランキング参加してます(・ω・)ノ

ポチリクリックお願いします!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。